Tsubouchi Brand

日本の美容の歴史に残る、坪内美容院の歴史

Corporate History坪内美容院のあゆみ

創業にいたるまで
1897年 御典医の家庭に生まれた坪内駒平(先代院長 坪内弘江の父)が大阪・千日前で修業の後に、
神戸市中央区北長狭通に「坪内理髪店」を開業。
駒平の三女、坪内弘江は横浜にあった芝山美容学校を卒業後に神戸に戻り、「坪内理髪店」を手伝う。
坪内美粧院開設
1927年 先代坪内弘江が「クラブ美粧院」を経営をまかされ、その後に「坪内理髪店」の2階に「坪内美粧院」を開設する。
また後に日本郵船・竜田丸の専属美容師として乗船し、 サンフランシスコの美容学校に短期留学して帰国。
大阪に坪内美容室開設
1937年 大阪・松坂屋の新装オープンにあたり、「坪内美容室」を開設。
設備はすべてアメリカ製で洋髪部、日本髪部を設け、出張して婚礼着付けを行う。
第2次世界大戦
1941年より戦争の影響でパーマネントの迫害などで困難な時期を向かえ、1945年の神戸大空襲により、
神戸の本店と4つの支店を焼失する。
大戦後は、焼け残りMP(ミリタリーポリス)の宿舎となった松坂屋の 一隅で美容室を再開。
戦後2年を経て接収が解除され、元の8階で営業を行う。
婚礼着付の開始
当時では珍しかった松坂屋デパート内という画期的な結婚式場「長生殿」の開設に当たり、お着付けを担当。
現在のブライダル事業のさきがけとなる。
組織の近代化
1953年 坪内美容室の組織を有限会社 坪内美容院に変更する。
また1957年には先代坪内弘江が発起人となり大阪府美容環境衛生同業組合を創立し、美容業の社会保険の加入や
労災・福利厚生面の向上に貢献する。
1966年の松坂屋の天満橋移転に伴い、すべての設備を近代化。
ヘアサロン事業の拡大
1970年に大阪市内のショッピングモールにヘアサロンを出店し、ヘアサロンの多店舗展開への足がかりとなる。
ブライダル事業の拡大
1984年より大阪市内の有名ホテルでのブライダル担当がはじまり、現在までに23店舗のホテル・ウェディングハウス・レストランで
ブライダルサロンを運営する。
ネイル事業の開始
2009年 心斎橋にネイルサロンをオープンする。
本社ビルの移転
2011年 本社を大阪市中央区長堀橋の三暉ビルに移転する。
  • 坪内美容院のあゆみ イメージ
  • 坪内美容院のあゆみ イメージ
  • 坪内美容院のあゆみ イメージ
  • 坪内美容院のあゆみ イメージ
Page Top